外国人の不動産購入

都心で不動産を購入する

外国人が住む不動産について

東京の都心部には世界各国の大使館やグローバル企業の日本支社で働いている外国人が多くいて、そのような外国人は住居も都心部の賃貸不動産物件で選ぶことが多いです。間取りが広く、天井が高く、セキュリティーが完備している物件を好みます。中には日本の歴史がとても好きなので純和風な物件に住む人もいます。家賃は当然高い物件が多いのですが、彼らの国や会社が家賃を出してくれる場合が多いので、多少高額であっても質が良く、安全な物件が選択される傾向があります。なかには高額な分譲不動産を投資目的や節税目的で購入する場合もあります。

不動産 伊丹でお探しなら、このサイトがオススメです。
中古一戸建て、マンション、土地も取り扱いされています。無料ですぐ買取査定ができるので、目安になりますよ。

外国人の土地購入について

不動産の購入は外国人にもできるのか。そういう疑問を持ったことはありませんか。外国人が無制限に購入できるようにしておくと、物件を買いあさり、日本人が購入できない、なんてことにならないように昔は日本でもさまざまな規制がありました。しかし、今は原則そのような制限を設けていません。その為、外国人でも購入する事が可能になっています。中国では、土地の所有が認められていませんので、経済発展著しい中国人が日本の土地を買いあさるという事態が起きています。その為、不動産の購入について制限を設けるべきではないかといった議論が最近出てきています。

不動産の購入に関する情報